母乳育児

言い聞かせ断乳とは?母乳外来で教えてもらった断乳方法・時期・要点まとめ

そろそろ断乳を…と考えてる人の為に。母乳外来で教えてもらって成功した『言い聞かせ断乳』についてまとめてみました。私としては3回目の断乳だったのですが、はじめて母乳外来を受診し、断乳の正しい知識を学び、もっと早く知っておけばよかったと感じてます。
「断乳ってどんなの?」「断乳したい!」「正直断乳迷ってる…」
まずは断乳する時期、そして断乳するにはどんな準備が必要か?
注意しておきたい点や断乳の流れ、実際の経験談をまとめてみました。

断乳する時期

1歳〜1歳半が一般的だと言われてますよね。
ちょうど、子供が完了食になり大人と同じご飯がしっかり食べられるようになる時期が、この1歳〜1歳半。
分かりやすく言うと哺乳から食事への切り替えですね。

でも、お母さんや子供のいろんな理由から断乳せざるを得ない人もいるはず。
(病気してしまったり、お仕事の都合とか…そのきっかけは様々です)
その場合は、子供が母乳以外で栄養が補給できているかで判断すると良いそうです。

例えば、ミルクを飲めているか・離乳食(食事)が進んでいるか、で判断すると良いそうです。

子供はご飯をしっかり食べれてる?

私は、息子がご飯を一切食べてくれなくなって断乳することを決意しました。
なぜなら、断乳するとよくご飯を食べるようになると言われてるからです。(だって母乳なければお腹空きますもんね)

失敗しないよう断乳の時期は慎重に決める

1度目の断乳は息子が11ヶ月の頃。失敗に終わりました。
失敗の理由は、断乳の3日目に息子が風邪(高熱)で離乳食を一切食べずおっぱいが頼りだったから。

助産師さんからも
「そんな大変な時期に無理して断乳する必要なんてない。まずはお母さんと子供の体調が万全の時がベストです」
と言われ、断乳を諦めました。

でも心の奥底ではホッとしていた私。
だってまだ授乳してたいもん!

断乳を失敗しない為には、お母さんの心の準備がとても重要なんです。
心のどこかで迷いがあるなら…
それはまだタイミングではないのかもしれません。

あいみ
あいみ
なかなか決めかねてる人は2歳の誕生日など、目標を立てるとママの心構えもできますよね!

体調や季節も関係してくる

断乳する季節も重要です。
夏季じゃ食欲低下および変色になりやすい。冬季は風邪をひきやすいです。
春や秋など、お散歩できる(断乳中に気が紛れる)時期だと良いです。

季節に応じて子供の体調も変化します。
病気をすればずっと甘えたくなりますよね。
母子ともに体調が良く、心も余裕ができる気持ちの良い季節がベスト。

また、露出の高い服装だとおっぱいがすぐそこにあるのに飲ませてもらえないー!という過酷な状況に子供が置かれてしまうので(笑 なるべく避けた方がいいです。

あいみ
あいみ
それでは言い聞かせ断乳に成功した助産師さんに教えてもらった断乳方法を簡単に説明していきます!

断乳の方法

母乳外来で教わった断乳の方法についてまとめてみました。

断乳の流れ

  1. 断乳する日を決める
    子供の体調と自分の体調が優先。寝不足になるかもしれない、熱が出るかもしれない。食事にも気をつける(高カロリー・甘い食べ物には要注意!!)
  2. 2日間耐える
    パンパンにおっぱいが張ってくる場合でも我慢。搾乳せず脳に「もうおっぱいは作らない」と司令を送るため2日間授乳・搾乳は我慢!
  3. 1回目の母乳外来受診(断乳から3日目)
    産婦人科に母乳外来があればそこを予約するか、自分で搾乳(あまりおすすめではありません。正しい絞り方があるそうです)
  4. 2回目の母乳外来受診(断乳から10日目)
    30分ほどの手技で搾乳してもらう
  5. 〜1週間(断乳から17日目)
    自宅で搾乳。(1日1回24時間おき・搾乳の回数は人それぞれ。外来で指示をもらう)次の検診は2週間後。今日から一切搾乳はしない。
  6. 3回目の母乳外来受診(断乳から24日目)
    30分ほどの手技で搾乳してもらう
    ※この時のおっぱいの状態で今後どうしていくか相談する。
  7. 〜2週間後 4回目:母乳外来受診(断乳から38日目)
    30分ほどの手技で搾乳してもらう
    以後、乳首を触ると1年ほどは1滴くらいでることがある。
  8. 計4回の母乳外来を終えても乳汁のある時は、もう一度手技を受診するか、冷却をすること。

断乳する時の要点

断乳する際、以下のことにも頭に置いてくださいね!

  • 断乳中は予定を詰め込まない
    たくさん母乳が出ているママは、断乳することによっておっぱいがパンパンに腫れて熱が出る人も。(私は頭痛や耳鳴りが…)とてもあちこち動ける状態じゃなくなります。予定を詰め込んでしまうと自分がしんどい目にあいます。
    断乳すると決めたら、なるべく予定は詰め込まないようにしましょう!
  • 子供と一緒に遊ぶように
    断乳の当日は家事も仕事も無し!子供といっぱい遊んであげてください。
    子供は親が思ってる以上に分かってます。大好きだったおっぱいと離れるこの日がどれだけ寂しいことか、、、
    たくさん抱っこしてあげてください!
  • ひとりで頑張らないで
    ひとりで抱えないこと!つい、ひとりで頑張ろうとしてしまうのが母親だけど、家族や実家にこの日だけは頼ってもいい!
    お散歩に連れ出してもらったりおっぱいよりも楽しいことがある!ということが伝わるよう、誰かの助けを借りることも大事。
    絶対にひとりで抱え込まないでくださいね。断乳は家族で協力してやるものです。

私の言い聞かせ断乳成功記録

私の言い聞かせ断乳成功記録

3人目の子育てで、はじめて言い聞かせ断乳に試みました。言い聞かせ断乳に成功したママ友が周りにいて「1歳の赤ちゃんに言い聞かせして成功するわけない!」なんて半信半疑でしたが、我が子も成功。その記録がこちら…

言い聞かせ断乳スタート
母乳外来で教わった「とにかく欲しがるだけあげなさい」。だけど授乳しながら「おっぱいバイバイだからねー」と言い聞かせる。

断乳する1日前
朝からおっぱいちょうだいコール。
お乳にぶら下がりながら頬張る息子w。びっくりするくらいの執着。(これほんとうにやめれるのか??)
「今日でおっぱいバイバイだよー」と言い聞かせながらあげたいだけほしがるだけあげる。私も心の準備をはじめる。『明日からは断乳。絶対にあげない』

断乳1日目
断乳はから。
欲しがる場面もあったが、ジュースやご飯でごまかす。でもバイバイよーと言うと受け入れる息子!びっくり。
外出や散歩で気を紛らわす
12時間後あたりから張りが出る
夜は泣いて2度おきる。とっさに水を飲ませるとゴクゴク飲む!そして抱っこと子守唄でスヤスヤ。夜中は2回おきる
私がジクジク痛むおっぱいの痛さで夜眠れず。
張って勝手に母乳が噴射!シーツがベタベタに。

断乳2日目
私:地獄。朝から針で刺されたような痛みと頭痛。耳鳴りまで。熱っぽい。しんどい。上の子供達に助けを求める…orz
息子:はよく食べる。大好きなパンを頬張る。時よりおっぱいを思い出すのか眠くなると「抱っこー」と両手広げて要求。抱っこすると決まって私の服の中を覗く。
「もうないよーバイバイだよ」というと諦める。
抱っこゆらゆらして眠りにつく。

断乳3日目
やっと母乳外来。10時予約。
外来にて全部綺麗に絞ってもらう。激痛だったパンパンに張ったおっぱいも、1時間絞ってもらってぺしゃんこに。
私:痛い。激痛。一刻も早く搾乳してほしい。その思いで外来に。
息子:朝からもりもりご飯を食べておっぱいくれーとは泣かず。
ただ、私が抱っこするとシャツを引っ張っておっぱいを触ろうとする。「ないよーバイバイよ」というと諦める

–保育園に–
そして!!ついに保育園に。
先生からの報告が…「すごいです!お母さん。Sちゃん全部完食しました!!おかわりもしました!」
もう…感無量。やっぱりおっぱいが原因だったんだーーーー(T_T)

そしてそして!なんと、今夜は夜泣きがなかった!!!!すごいーーーーーー
1歳1ヶ月、これまで毎晩、12時と4時に起きておっぱいを欲しがっていた息子が朝までぐっすり。奇跡に感じる。

断乳4日目
パンパンには張らないが、リンパがチクチクとした痛む。
今日から自分で母乳を絞るよう母乳外来で指導されてるので、12時間置きに搾乳をする。私は朝10時と夜10時に搾乳。これを1週間後の母乳外来まで続ける。
この日は1日張りは感じなかった。
夜もぐっすり。

断乳5日目
今日も朝10時と夜10時に搾乳。左右20回ずつ。
搾乳は息子が見ていない場所ですること。そして、断乳してから1週間ほどは子どもにおっぱいの存在を思い出させないように家族に協力してもらい、
「お風呂は一緒に入らない」「息子の前では着替えない」など心がけました。
相変わらず乳腺はたまーにチクチクする。でももう張らない。

断乳1週間経過
一緒にお風呂に入ってみる。私のおっぱいを見て「はっ」とした表情を見せるも、泣かないし欲しい!と言わない。でも興味はある様子。
夜は抱っこもせず、電気消したら寝ていった!スゴイ成長!

断乳10日目
2回目の母乳外来受診。全て絞りきってもらう。痛みなども全くなし。
この日から搾乳は一切してはいけない。次の受診は2週間後。
息子:眠くなると思い出すのか服の上からおっぱいを探す様子も。でも欲しい!と大泣きはせず。

結局、息子がおっぱい欲しい!と大泣きすることはありませんでした。
言い聞かせ断乳、成功したようです。

断乳する前に知っておくとよいことまとめ

3人の断乳を通して、学んだことはたくさんあります。
これから断乳をしようと思ってる人、是非一度読んでみてくださいね^^

断乳してよかったこと

実は断乳すると自分へのご褒美たくさんありますよ!
辛い辛い断乳を乗り越えるとこんな良いことがあります^^

  • どんな服でも着れる!
    これまで授乳を考えてワンピースと着れなかったけどもうその必要なし!そして、授乳で汚れる心配もない!
  • お酒解禁!
    でも…調子乗って飲みすぎないようにと指導される。乳腺炎の原因にもなる
  • 夜の授乳がなくなる
    本当に断乳したら夜起きなくなる??なんて半信半疑ですよね。でもうちの子3人とも断乳したら夜ぐっすり寝るようになりました
  • 長時間、人に預けられる
    おっぱいあげないと子供が可愛そうとか、自分のおっぱいが張って痛いとか、そういうことを気にしなくてよくなる
  • 好きな食べ物が食べられる
    これまで、私が食べたものはダイレクトに母乳となって出てしまうわけで、、食事はいろいろと気遣ってきたけどその心配もなくなります(が、、自分の体の為にも食生活はこれまで通り気をつけたい!
  • 子供の一人あそぶが増える
    おっぱいは子供にとって「最高に甘えられる場所」なわけで…ちょっと機嫌悪かったり体調不良になると、おっぱいに執着するようになるのが1歳から。それがなくなり、断乳するとなぜか一人遊びが増える。その背中を見て、ぐんと成長したなと感じるんです
  • よく食べるようになる
    よくおっぱいが出ている人は特に、「離乳食を食べない」で悩む人が多いんですよね。でも断乳するとびっくりするくらい食に対する欲が湧いてきます。いろんな食材の食感や味を楽しむようになります

断乳して残念なこと

逆に断乳して残念なことも!それは…

さみしい

これに尽きます。だって、もう二度とおっぱいあげられない。
あの時間には二度と戻れない。

断乳はいつでもやめられるのです。
やめようと思ったらすぐにでもやめられる。
でも、授乳はやめたら二度と戻れないのです!!

母乳外来で言われたこと。
「お母さんが、もう、おっぱいはあげない!と、気持ちに区切りがちゃんとついたらそれがタイミングです。」
その通り。
「さみしいなーまだあげたいな…」
そう思ってるなら、子供だってそれを望んでる。

理由が無い限り、やめる必要は無いと感じた私です。

断乳で絶対やってはいけないこと

断乳する上で、絶対にしてはいけないことがひとつあります。
それは断乳中は一切おっぱいをあげてはいけないということ。
子どもがいつも以上に泣きじゃくったり、夜中何度も起きてしんどい思いをしても
絶対におっぱいあげちゃだめ。あげた時点で『断乳』ではなくなります。

「かわいそう」
「ちょっとだけなら…」

こういう思いは、母親の都合のいい愛情にすぎません。
子どもは頑張って成長しています。おっぱい張って激痛で泣かれて…しんどいのはわかりますが、ここであげてしまうと全てゼロから。
また同じことを繰り返すことに。。。

そして、以前より増しておっぱいに執着するようになるんです。
断乳する!と決めたなら、もう後戻りはできないと思ってはじめてくださいね。

助産師さんが教えてくれた「断乳する人へ…」

助産師さんが教えてくれた「断乳する人へ…」

通院した母乳外来で助産師さんが教えてくれた、心に染みた言葉があります。
断乳する全ての人に知ってほしいと思ったので、ここでシェアします^-^

授乳を頑張ったご褒美に

授乳は幸せなものでもありますが、大変でもあります。
きっと授乳してるママにしか分かりきれないことがありますよね。

おっぱいほしいーって外で大泣きされたこと、
病気したら四六時中おっぱいを欲しがられたこと、
服を引っ張られるから綺麗な洋服は着れなかったこと、
いつの間にかブラトップばかり付けてることw
夜中何度も授乳の度に起こされたこと…

ママはよく頑張った!!

断乳が成功したら、ミルク代が浮いたと思って自分にご褒美を買ってあげてね!と言われました。
例えばブラジャー。これまで、締め付けないような授乳ブラ付けてた自分のおっぱいに、最高に良いブラジャーを買ってあげてと言われました。
断乳をして1ヶ月後から急激におっぱいがしぼんでしまうそうです。(もう哀れなほどに…)
周りの脂肪を寄せ集めておっぱい作ってあげられるようなブラジャーを!
自分に買ってあげてくださいね!

断乳後も食生活は今までどおりで…

授乳中は食生活にも気配りが必要でしたよね、
でも、断乳したら好きな物が食べられます!!!

が…

断乳後から、大事な子供の為にできることは自分の体調管理をしっかりすることなんです。
ママが倒れては絶対ダメ。だから、食生活は今までどおり、身体のこと、ちゃんと考えて自分を大事にしてあげてね!と言われました。

母乳外来の受診は必要か?費用や場所について

断乳は自分ひとりでもできます。
ただ単におっぱいあげなければいいだけなので…
私も上の2人までは自分で断乳しました。

でも、自分で搾乳をすると絞りきれない母乳が残ってしまって乳腺炎や石灰化する恐れがあるそうです。
今回3人目にして受診し、これまで知り得た授乳・断乳の知識に間違いがあることも分かりました。何人もの断乳を見てきた助産師さんに聞くのが一番です。

母乳外来は出産した産院で受診するのが一般的みたいですね。
でも里帰り出産されてる方はそれもなかなか難しい。
そんな時は、ママ友に聞いて近所の母乳外来を紹介してもらうのが一番。口コミだと信用できますよね!

あいみ
あいみ
外来の費用は産院によって様々。
まずは問い合わせしてみると良いでしょう。

言い聞かせ断乳に成功・失敗はない

今回、たまたま私は言い聞かせ断乳に成功しましたが、助産師さんが言うには、そもそも言い聞かせ断乳に失敗も成功もないそうです。

ママ友やネットから知り得る情報には
「言い聞かせ断乳成功!」
という情報がわんさか。本当に成功するのだろうか…と不安になってしまうんですよね。

でも、そういう情報って、成功した人しか人に言わないものなんです。
助産師さんがそう言ってました。

全てはお母さんと子供の関係が大事だと。
成功とか失敗じゃなくって、2人の関係が強かったら失敗も成功なんだと。

なるほどなと思いました。
と、同時に、子供を強く抱きしめたくなりました。

あいみ
あいみ
私は断乳しましたが、もうあの時間に戻れないのかーと思うと今でも泣きそうになります。
でも、これからは授乳してた時間を、子供を抱きしめたり一緒に遊んだり会話したり…
もっともっと愛情いっぱい注いであげたいなと感じました。

さいごに

授乳も断乳も…奥深いですよね。
いろんな人がいろんな情報を知ってるので、何が本当で正しいのか…わからなくなるものです。

でも、断乳経験者がみんな同じことを私に声かけてくれました。そして、このブログを読んでるお母さんにもお伝えしたいです。

子供の為とはいえ、育児は自分じゃない誰かの為にたくさん時間を費やすものです。
授乳もそのうちのひとつ。
自分、よく頑張った!!
だって何よりも良質なタンパク質を子供にあげたんですから(笑)

みなさん、本当にお疲れ様ですm(__)m

授乳、断乳が終わっても育児はエンドレスって言いますよね^^
さぁ、これからも頑張るぞーーーー

ABOUT ME
あいみん
あいみん
3人の愛するチビ達を育てながらおうちで働くフリーランスWebデザイナー。 子供達の成長で苦戦→解決したネタとか、子育てに役立つ情報を更新しています!世の中の子育てママにちょっとしたゆとりの気持ちを^^/